《着物の似合う街、京都》歴史や文化を知ってもっと京都を楽しもう 着物レンタル店【京乃都】

京乃都 レンタル・着付

ご予約 ご予約はこちらから

着物レンタルメインイメージ

《着物の似合う街、京都》歴史や文化を知ってもっと京都を楽しもう

京都をぶらぶら散策するなら、可愛い着物を着て風情を楽しむのがオススメ!
京都には着物が似合う観光場所がたくさんあるんです♪

それもそのはず!
日本独自の着物文化が発達し始めたのが、京都が都であった平安時代!
着物の歴史や文化を知ると、もっと京都を楽しめますよ!

着物レンタルで巡りたい伏見稲荷大社

京乃都のレンタル着物なら締付け感なく楽に着こなせる

着物を着ていても美味しいものも食べたいし、可愛いお店も見てまわりたいですよね。
着物を着てると動きにくくなるんじゃないかと不安をお持ちの方、
京乃都での着つけなら、締めつけ感もなく楽に着こなすことができるんです!

又、「京都で着物をレンタルすると高いのでは?」といったイメージがあるかもしれませんが、
京乃都でレンタル着物を事前予約すると、1,950円のお安さです!
(事前予約なしの通常レンタル料金は1日4,000円です)

着替えた洋服やお手荷物も無料でお預かりしていますので、
旅行で京都に来られた方も身軽に京都を楽しんでもらえます!

着物はもはや若者文化?

着物レンタルのお店が気軽に利用できるようになったこともあり、
成人式や友人や家族の結婚式などの儀式以外で、観光地や旅先で着物を着る若い世代の女性が年々増えているそうです。

以前は着物といえば、趣味人や着物通、セレブのものといった大人のイメージがありましたが、

  • 着物のデザインや着こなしの幅も広がったこと
  • 着物を着てフォトジェニックなスポットを写真に収て思い出をSNSに残したい

と、着物に興味を持って下さる方が増えたことが要因だと思われます。

何でもありの着物!?

「着物を着て楽しみたいけれど帯との取り合わせが難しそう「着物の作法も分からないし」
と、戸惑っている人もあると思いますが、実は何でもありなのです!

帯結びひとつとっても、今では帯は後で結ぶのが当たり前となっていますが、昔は細紐を前で結んでいました。
江戸時代では、既婚女性は前で結び、未婚女性は後ろで結んでいましたが、前帯では家事などがしにくいため既婚未婚を問わず後ろ帯になったようです。
また、羽織はもともと男性が着るものでしたが明治以降は一般女性も着るようになりました。
大正時代に流行った長羽織はアンティーク着物として今も女性に人気がありますよね。
着物の着方や取り合わせは、時代とともに変化するものです。

なので、気に入った着物を自分が好きなスタイルで着こなすことが大事です!
帯や小物の組み合わせ等迷われましたら、
スタッフが一緒にスタイリングさせて頂きますので、なんなりとお声かけ下さい◎

京の都を舞台に書かれた源氏物語に見る着物のセンス

着物は時代にそって形を変えながら、原始時代から今に至っています。

飛鳥・奈良時代には、遣唐使や遣隋使により中国文化が導入され、男子の正装は聖徳太子に見る衣装が正装でした。
遣唐使が廃止され、
日本独自の着物文化が発達し始めたのが平安時代です。
貴族階級の衣装は、歴史上では一番華やかで、その代表が十二単ですが、現代のお雛様の装束は、平安装束が原型となっています。
鎌倉・室町時代は戦闘の時代です。平安時代に比べずい分簡易化され、動きやすさが重視されました。

安土桃山時代になると戦乱の時代が落ち着き、金箔を施したものや絞りなどの手がこんだ美術品のような着物が登場します。
江戸時代に入り、徳川家300年の間、小袖に帯の着物姿が主流となります。

明治・大正時代に入ると庶民の間にも絹物が広がっていきますが、洋服文化も進みます。
大正時代になると、若い人たちの間で袴が流行し、その流れから今も大学の卒業式や成人式では袴が人気です。
昭和・平成時代になると、長着と呼ばれる着物が主流になります。

一重に着物といっても、時代によって
洋服と同じように流行があったり素材が違ったり等、変化がありますね。
京乃都では、たくさんの着物をご用意しているので、
こういったレトロな着物に巡り合うこともできるかもしれません!

京の都を舞台に書かれた源氏物語に見る着物のセンス

日本の独自の文化が発達した平安時代に紫式部が執筆した源氏物語に登場する貴族階級の衣装は、歴史上最も華やかです。
京都の着物文化は、源氏物語に登場する平安王朝の美意識に触れることでより身近に感じられます。

十二単などにおける色の組み合わせ方法は、衣を表裏に重ねるものや複数の衣を重ねるもの、経糸と緯糸の違いによるものなどがあります。
衣を表裏に重ねるものを襲の色目(かさねのいろめ)と言い、
季節の植物の名前が付けられているものが多く、例えば早春に咲く梅も、梅重は表が濃い紅、裏が紅梅などと様々な呼び方があります。
自然との調和は着物姿をより美しく見せてくれます。
梅が咲き始めると、あえて梅の柄を選ばず、柳などを選んで着るとワンランク上のおしゃれが楽しめますよ。

まとめ

この記事のポイント

京乃都のレンタル着物は華やかな中にも、どこかはんなりとした上品さがあります。
レンタル着物を利用して、旅先などで着物をファッションのひとつとして帯との取り合わせやヘアメイクを楽しみ「もう一人の私」に出会えると、なんだか得した気分になれますよね♪