着物が着崩れた時は? 京乃都からのアドバイス! 着物レンタル店【京乃都】

京乃都 レンタル・着付

ご予約 ご予約はこちらから

着物レンタルメインイメージ

着物が着崩れた時は? 京乃都からのアドバイス!

京乃都は京都の観光地を中心に祇園店、清水八坂店、河原町店がありますが、どの店舗でもプロの着付け師が自信をもって着付けをおこないます。

その方の体形に合った方法で着崩れしにくいように着付けますが、万が一着崩れてしまうこともあるかもしれせん。

この記事では、簡単な着崩れの直し方をアドバイスします。

View this post on Instagram

 

京乃都 河原町店さん(@kyonomiyako.kawaramachi)がシェアした投稿

着物が着崩れる原因

着物が着崩れる原因としては、

  • 歩き方や動作が大胆過ぎる
  • お手洗いの時などに、腰ひもの位置がずれる
  • 補正がぴったりあっていない
  • 階段などで着物のすそを踏んでしまう
  • 手を伸ばして電車やバスのつり革を持つ

などです。

長時間着物を着ていると、様々なことが重なって徐々に着崩れてきます。
普段着物を着る習慣がない方は、つい洋服感覚でアクティブに動いてしまうため、時間がたてば多少なりとも崩れるのは仕方がないことかも知れませんね。

京乃都のレンタル店の着付けは、着崩れないことに定評がありますが、
いつもより心持ち動作をゆっくりていねいにおこなうと、京都観光を終えるまで美しい着物姿を保つことができますよ。

次は京乃都祇園店を利用した方の満足度になりますが、約90%近くの人がほぼ満足と答えています。
着物や帯の充実度とともに、着付け方にもほぼ満足していただいてます。
評価分布は次の通りです。

満足:67% / やや満足:19% / 普通:4% / やや不満:4% / 不満:7%

着崩れの直し方

衿元が開きすぎたときの直し方

衿元が緩み開きすぎると、なんとなくだらしなく見えてしまいます。
そんな時には身八口から両手を入れて、長じゅばんにつけたの半衿のつけ根を軽く引っぱります
また、お手洗いの際に着物をからげて、長じゅばんの背縫いを下に引くと衣紋がきれいに抜けて、衿元がすっきりしますよ。

おはしょりが乱れたときの直し方

立ったり座ったりしているうちに、おはしょりがもたつくことがありますが、そんな時は
おはしょりをいったん上にめくりあげて、
腰ひもの中心からに左右の人差し指を入れて前側のシワを左右に流すとすっきりします。

おはしょりは帯の線と平行になるように整えておきましょう。

たれや帯姿の確認の仕方

帯の後姿の乱れは、自分では気づきにくいものです。
電車やバスなどに腰かけたりイスに座ると、ついもたれかかってしまいますが、
背もたれのせいで帯のたれが上にあがってしまうことがあります。
後ろ姿は気づきにくいので、立つときに手を後ろにまわして、
たれが上がっていないかを確認しておきましょう。

また、変わり結びなどの場合、帯姿がつぶれてしまうと後姿が美しくないので、
イスなどに腰かける場合は、帯がつぶれないように浅めに腰かけてくださいね。

着崩れの直し方

着物が着崩れる原因のほとんどが、所作にあるといえます。
まず、
基本的にオーバーアクションだと着崩れてしまうので、
洋服を着ている時よりも動きを控えるようにしましょう。

電車内ではなるべくつり革を持たなくてもよい安定したところでバーを持って立つなど、
ちょっとしたことで長時間美しい着物姿をキープすることができますよ。
歩幅もパンツやスカートに比べやや狭くとり、気持内またで歩く、
階段ではすそを少し持ち上げるなどが着崩れを防ぐとともに優雅で上品な女性を演出します。

京乃都では、京都の街歩きがしやすいように、プロの着付け師がそれぞれの方の体型に合った補正をして着付けをおこないますが、
着つけている段階で気になるところがあれば遠慮なくお伝えくださいね。

着物姿はトータルで美しく

View this post on Instagram

 

京乃都 河原町店さん(@kyonomiyako.kawaramachi)がシェアした投稿

洋服をコーディネートするときもヘアスタイルからバッグ、靴に至るまでバランスをみますが、着物を選ぶ場合もトータルで美しくありたいものです。
京乃都のレンタル着物は、かわいい着物から粋な着物までたくさんの種類があります。
大正ロマン風の矢絣模様や麻の葉模様、現代的なネコなどの動物柄や、思いっきりかわいい花模様など、旅先だからこそ着れる柄を選ぶと、気持がリフレッシュします!

着物のコーディネートは洋服と違うとよく言われますが、あまり難しく考えないで洋服のコーディネートと同じ感覚で選んで問題はありません。

ただ、季節に応じた着物のを選ぶことは大事です。
3月や4月のまだ寒い季節に単衣の着物は不自然ですし、秋口に浴衣を着るのも寒々しく感じてしまいます。
最近では冷暖房完備のため、昔のように、袷の季節、単衣の季節、絽の季節、浴衣の季節などと厳密に決められることも少なくなりましたが、なんでもアリというわけではありません。

着物選びに迷ったときは、京乃都のスタッフに是非声をかけてください!
一緒に気に入る着物を使ったスタイリングを考えましょう◎
そして、ヘアメイク、メイク、草履、バッグまでトータルなコーディネートで自信を持って京都を楽しんでくださいね!

まとめ

この記事のポイント

着物の直し方の知識が少しあるだけで、一日中美しい着物姿を保つことができます。
着物の着こなしは習うより慣れることです。
京都観光の際には、京乃都のレンタル着物を利用し、毎回違った着物のコーディネート
をお楽しみいただくと、着物の直し方のコツや着物姿を美しく見せる所作が分かってきます。