京都で着物レンタルをするなら京乃都

京乃都

ご予約 ご予約はこちらから

メインイメージ

京都で着物レンタルを行う「京乃都」は結婚式や観光など様々なシーンで利用可能 ~結婚式での着物のマナー~

京都で着物レンタルを利用するなら「京乃都」へ ~結婚式の前撮りや観光など様々なシーンで利用可能~

京都で着物レンタルを利用するなら「京乃都」へ ~結婚式の前撮りや観光など様々なシーンで利用可能~

京都着物レンタルをお考えの方は、結婚式の前撮りや観光など様々なシーンで利用可能な「京乃都」へお越しください。

「京乃都」では、豊富な着物の中からお好きな着物がお選び頂けるレンタルプランをご用意しております。カジュアルな着物をご用意していますので、結婚式の前撮りはもちろん、京都に観光でお越しの方にもおすすめです。

着物レンタルを利用して日本の古き良き風情が残る街並みで前撮りをしたい、着物姿で京都を散策したいという方はぜひお越しください。

京都で着物レンタル・着付け・ヘアセットを行う「京乃都」は「安い」価格で着物が楽しめる!

京都で着物レンタル・着付けヘアセットを行う「京乃都」では、手ぶらで気軽に着物を楽しむことができます。

着物の着付けに必要な小物類も全てプランに含まれており、「安い」価格でご提供しておりますので安心してお越しください。着付け・ヘアセットはベテラン着付け師、プロのスタイリストが対応させて頂きます。1日中着崩れすることや、髪が乱れる心配がないためご安心ください。

結婚式での着物のマナー

結婚式での着物のマナー

着物は人生の節目を祝うシーンに最適です。結婚式においても会場の雰囲気を華やかにしてくれますし、格式高い印象も与えます。日本人の正装ともいえる着物だからこそ、マナーを心得てより上手に着こなしたいものです。

まず、結婚式に招かれた際の着物には振袖、黒留袖、訪問着と3種類あり、結婚しているか否か、新婦との関係性などによって区別されることがあります。未婚の場合は振袖、既婚の場合は訪問着を着用することが一般的です。

一方で黒留袖は既婚の親族女性が身につける最も格の高い第一礼装であり、背中と両胸、両袖に五つの家紋が付いています。黒留袖の着用はあくまでも親族のみであるため、ゲストの着用は避けましょう。

また、結婚式の着物の色や柄は決まりがあるわけではありませんが、花嫁よりも目立つ柄や色は控えたほうが無難です。このようにマナーを心得ておくことで、着ていくべき着物が選びやすくなります。

お役立ちコラム

京都で着物レンタルをするなら「京乃都」へ

サイト名 京乃都 祇園店
住所 〒605-0078 京都市東山区富永町145 片山ビル3F
電話番号 075-531-6001
URL http://kyonomiyako.com