京都で着物レンタルをするなら京乃都

京乃都

ご予約 ご予約はこちらから

なぜ浴衣を着るのか?

なぜ浴衣を着るのか?

諸説ありますが、一説によると浴衣は貴族が着る服でありました。
次第に世に広がり、みなが着るようになりました。
江戸時代に銭湯が普及してきて、お風呂上りの汗を拭くために着ていたのが浴衣だそうです。
生地も多様になり、浴衣をきて外出するようになったみたいです。
以降、夏は浴衣とみなに普及したようです。

 

9fbad61cfcbccb3e4695f9c64d6558ef_s

 

京都でも浴衣レンタルをして歩いている方がたくさんおられます。
京乃都のご利用のお客様も浴衣を着て、八坂神社や清水寺、八坂庚申堂、
南禅寺、平安神宮、嵐山といろいろ行かれた話をお聞きます。

四季によって違う風景を写真に収めて、思い出を作る。
素敵ですね。
みなさんもこの夏浴衣を着ての思い出作りに京乃都を
ご利用されてはいかがでしょうか?

ぜひお待ちしております。